育毛剤にも含まれるミノキシジルでAGA治療、注意点って? | 育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説

育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説
Home » ミノキシジル関連ニュース » 育毛剤にも含まれるミノキシジルでAGA治療、注意点って?

育毛剤にも含まれるミノキシジルでAGA治療、注意点って?

ミノキシジル関連ニュース11月11日更新

ミノキシジルの副作用参考サイト:AGA治療薬ミノキシジルの副作用

AGAとは、男性型脱毛症の事を言います。

その主な原因は男性ホルモンや遺伝によるもので、通常2年から6年ほどある髪の毛の寿命が1年未満で抜け落ちるため、結果として薄毛になってしまうというものです。

このAGA治療に使われる薬剤の一つにミノキシジルがあります。
ミノキシジルはもともと高血圧症の治療に用いられていた薬剤ですが、この薬を飲んでいた方で全身の多毛症の症状が多かったため、この薬は育毛剤にも使えるのではないかと開発された経緯を持ちます。
ミノキシジルには血管を拡張して血流を良くする作用があるため、服用することで発毛が促されることになるのです。

この薬は非常に強力で、使用を開始してから6か月ほどで効果が感じられるようになり、2年から3年ほど服用するとその効果をはっきりと実感出来るようになります。とはいえ、効果が強い薬には強い副作用が伴うもので、全身の多毛症や低血圧、頭皮の痒み、頭痛、手足や顔のしびれとむくみ、性欲減退など様々な副作用が報告されています。

ミノキシジルは基本的には医療機関で処方を受けないと入手することは不可能です。
ですが、医療機関でAGA治療を受けると医療費が高額になる可能性が非常に高いという問題点があります。
そのため、最近は個人輸入代行業者から購入する方が増えているのですが、いかんせん全て自己責任になりますし、偽物を販売している業者もありますから、信頼出来る業者を見つけることに一苦労することになります。

また、一部ミノキシジルを配合した育毛剤も販売されています。
こちらは手軽に購入することができますので、いきなり個人輸入は怖いという方等におすすめですが、もちろん育毛剤であっても注意点は同じですのできちんと使用上の注意を確認してから使うようにしましょう。

高額の医療費を払うか、ある程度のリスクを承知で個人輸入代行業者を利用するか、非常に悩ましい問題ですよね。
ただ、副作用のこともありますので、個人的には医療機関からの処方を受ける方が良いのではないかと考えています。

記事の検索

注目の人気コラム

まだデータがありません。