どう違う?国内製品と海外製品のミノキシジル | 育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説

育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説
Home » ミノキシジル関連ニュース » どう違う?国内製品と海外製品のミノキシジル

どう違う?国内製品と海外製品のミノキシジル

ミノキシジル関連ニュース11月14日更新

薄毛対策の有効成分として知名度が高い物と言えばミノキシジルです。
最近ではテレビCMでもこの成分が配合されている商品が宣伝されていますから、その知名度はもう他の有効成分よりも高いのではないでしょうか。

このミノキシジルを使った育毛剤ですが、日本の商品と海外の商品では大きく差があります。
その違いというのが含有量で、はっきり言ってしまえば日本のミノキシジル含有商品というのは、含有量がかなり少ないのです。

ミノキシジルには副作用がありますから、含有成分が多ければ副作用の心配も高まるわけで、日本の薬事法ではそのあたりを配慮して含有量を抑えているというわけですね。
海外ではその部分が緩いので、ミノキシジル含有量は日本の2倍~3倍近いものまであります。

人によっては多少のリスクがあっても毛が欲しいという方もいるでしょうから、そういう方は個人輸入で海外の薬を購入するのがお勧めです。
しかし、その場合は全て自己責任となりますから、覚悟して使うようにしましょう。

記事の検索

注目の人気コラム

Sorry. No data so far.