ミノキシジルとは~特徴・作用など~ | 育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説

育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説

ミノキシジルとは~特徴・作用など~


AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素の働きで、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合して髪の成長を抑制してしまうことが原因で引き起こります。
ミノキシジルを使用することにより、血管を拡張することで血の巡りがよくなり、毛母の細胞分裂を活性化させ、髪成長を早めることにより髪が増えてくるという仕組みなのです。

AGA(男性型脱毛症)の治療には2種類ある

AGAの治療法には、

・薄毛、脱毛の進行を食い止めるもの
・既に進行したハゲ部分の再生

の2種類があります。

ミノキシジルは既に進行したハゲ部分の再生に効果的なのが特徴です。
血管拡張効果により、毛根や収縮した血管の再生を促すためです。

飲むタイプと塗るタイプの使い分けとは?

ミノキシジルタブレットはAGA(男性型脱毛症)の治療薬のなかで最強だと言われています。

そんなミノキシジルには、飲むタイプのミノキシジルタブレットと呼ばれる内服薬と、塗るタイプのミノキシジルリキッドやミノキシジルゲルのような外用薬の2種類があります。

最初は、頭皮に塗るミノキシジルからスタートしてください。
塗るタイプで効果が出た方は、飲むミノキシジルは必要ありません。

飲むミノキシジルタブレットは発毛効果が高い反面、副作用の心配も大きくなります。
それでもミノキシジルタブレットを使用したいという方は、必ず医師の指導に従ってご使用ください。
※既に進行しているAGA(男性型脱毛症)対策には、フィナステリド+ミノキシジルの併用が有効です。

記事の検索

注目の人気コラム

Sorry. No data so far.