ミノキシジルの歴史~降圧剤から育毛剤まで~ | 育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説

育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説

ミノキシジルの歴史~降圧剤から育毛剤まで~


発毛効果はもともと副作用だった?

ミノキシジルは、1960年代にアップジョン社(現在のファイザー社)が高血圧の患者に向けた血管拡張材として開発されました。
臨床実験をしている際に副作用として多毛症の症状が現れ、同時にミノキシジルには髪を育成し脱毛症を回復させる効果があることが発見されたのが、薄毛治療薬としてのはじまりです。

ミノキシジルは初めて発毛効果が認められた薬

また、ミノキシジルはFDA(アメリカ食品医薬品局)で1番最初に認められた成分です。
今でも、FDA(アメリカ食品医薬品局)にはプロペシアとミノキシジル以外は認可されてません。

1980年代にアップジョン社(現在のファイザー社)が脱毛症の治療薬として2%ミノキシジル外用溶液を「Rogaine(ロゲイン)」として販売を始めました。

日本でミノキシジルを買うには「育毛剤」として

日本国内においては、ミノキシジルタブレットは未認可の薬となっています。
つまり、日本で購入することは出来ない薬なのです。

ただし、個人輸入代行業者を利用することで錠剤タイプの薬であるミノキシジルタブレットを購入することは可能です。

ミノキシジル成分を配合した育毛剤としては、日本では一般用医薬品として大正製薬が1999年にミノキシジル成分1%のリアップを発売しました。
2005年には、女性用育毛剤としてリアップレディが、2009年には5%ミノキシジルがリアップX5として発売されています。

記事の検索

注目の人気コラム

まだデータがありません。