副作用 | 育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説

育毛剤やAGA治療薬のミノキシジル解説

副作用


ミノキシジルには塗布タイプと飲むタイプのミノキシジルタブレットがあります。
ここでは、それぞれで注意すべき副作用を見てみましょう。

塗布タイプの副作用

最も多い副作用は、頭皮のかゆみです。さらにに頭皮の炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎などがあります。

ミノキシジルの含有量が多いほど、副作用の発生率も高まります。

とある調査によると、
・ミノキシジル1%の場合→利用者の約5%
・ミノキシジル5%の場合→利用者の約9%
の方に副作用が見られました。

これ以外の副作用としては、眠気、倦怠感、頭痛、体重増加、むくみなどの症状が出る場合があります。

飲むタイプの副作用

最も多い副作用は、髪の毛だけではなく、全身の毛が濃くなります。
ゴリラみたいに全身が毛むくじゃらになるわけではありませんが、腕毛やスネ毛が濃くなります。

また、性欲減衰、ED(勃起不全)になる場合があります。
こちらはミノキシジルのタブレットを飲んだ方の5%未満が報告しています。

また、ミノキシジルは、高血圧の薬として開発されてので、血圧を下げる作用があります。
従って、低血圧の症状が出る場合もあります。具体的には動悸、めまい、倦怠感等です。
低血圧の人、降圧剤を飲んでいる人、肝臓が悪い人は、ミノキシジルタブレットを服用しないよう注意が必要です。

記事の検索

注目の人気コラム

まだデータがありません。